ちょっと泣いたw

スポンサーリンク
7日間無料!sanmarusanマッチング

モヤモヤした気持ちを
そのままにしておくのは
やっぱりよくないな

って思って

Aクンに

「あたしAクンが思うような
ピュアな人間じゃないと思うよ」

って、言ってみた。

風俗のバイトやってるし
ドス黒い感情持ってるし
お客さんのこと
ウザイよバカって
フツーに思ったりもするし…

それ全部言ったら

「でもそれ関係なくない?」

って。

「俺は○○ちゃんと接して
○○ちゃんっていう人間を知って
ピュアだなって感じたんだよ」

「あたしっていう人間…」

「うん。風俗嬢ってのは
あくまで仕事だし
こういう仕事をしてるから
ピュアじゃないっていうのは
俺は違うと思う」

ぶっちゃけ

この時点で

ちょっと胸熱くなったよね。

「それに嫌なお客さんいれば
うぜーって思っちゃうのは
当たり前じゃん?」

「まあ…そうかも」

「むしろ思わなかったら
感情なさすぎてやばいよw」

「たしかにw」

「むしろそれを態度に出さずに
ちゃんと仕事してるんだから
すごいなって思うよ」

なんかまた
褒めてくれた
( *´艸`)

Aクンは

偏見とか
そーいうの持たないで

あたしをちゃんと
ひとりの人間として
見てくれてるんだな…
って思った。

その時は
泣かなかったけど

ぶっちゃけ
家帰ってから思い出して
ちょっと泣いたw
嬉しくて。

最初は「超好みじゃん」
って見た目から入ったけど

つくづく中身も
ステキ過ぎて
やばいね。